経理の未経験者大歓迎!初心者向けのクラウドタイプの会計ソフト

Posted on

クラウドタイプの会計ソフトの仕組みとは

クラウドタイプの会計ソフトは、インターネットを使って経理業務を行うソフトです。サイトからパスワードとIDを使ってネットワーク上のサーバーにログインして操作します。インストールをしなくても使えるので、処理能力があまり高くないパソコンでも十分でしょう。ブラウザやOSによっては使えない場合があること、パスワードを漏洩させないように厳重に管理することに注意すれば、非常に使いやすく、初期費用もかかりません。

借方とか貸方とか言われてもよく分からない方のために

クラウドタイプの会計ソフトの中には、簿記の仕組みが分からない方でも十分対応出来る物もあります。シンプルに操作するために、収入や支出という項目を用意し、取引内容から考えて、勘定科目の提案も自動でできるシステムを備えている場合があります。一度使った仕訳を登録して、次の入力もスムーズにできるようになっていますので、全く簿記の勉強をしたことのない方でも、日々の記帳業務であれば問題ないでしょう。月々の取引はあまり変化がないのであれば、経理事務をこなしながら覚えられるでしょう。

パソコンがなくても会計ソフトを使えるか

小規模な事業者の方の中には、パソコンの操作を難しいと感じる方や保有していない方もいると思われます。インターネットにつながる状態であれば利用できる特性を生かして、アプリを入れて操作できるソフトもあり、直接画面に触れて使用するのに、誤動作がしにくく工夫されていることもあります。出先やすきま時間にも手早く事務作業ができますし、オプションサービスですが、レシートで写真を撮って会計データに使えますし、オンライン取引ができる銀行の口座やクレジットカードから設定して、取引を自動で会計ソフトに流し込むことも可能です。

クラウド会計とはインターネット環境があれば利用できる会計システムのことです。ネットワーク上のサーバにあるデータを利用するのでソフトウェアなどをダウンロードする必要がありません。

販売管理ソフトの情報
在庫管理システムで検索