ホームページをデザインする時の重要なポイント

Posted on

欲しい情報に辿り着きやすいデザイン

ネット上には、数えきれないぐらいの無数のホームページが存在しています。その中で自分が作ったホームページを見てもらうのは、至難の業かもしれません。このためホームページを作る時は、何度も見てもらえるような、とても利用しやすいサイトを心がける必要があります。そもそもネットの利用者は、何か調べものがあった時の解決策として、ホームページを検索しているケースが多いです。このため、欲しい情報がすぐに得られるかどうかが、利用のしやすさに直結します。ホームページは何かとデザインに凝ってしまいがちですが、それだけはNGです。ユーザーが調べたいことに対して、すんなりと答えを返してあげられるようなデザインにすることが求められます。

SEO対策も考慮してホームページを作る

ホームページを作る時は、SEO対策も考慮する必要があります。SEO対策とは、検索エンジンで上位表示されるための施策を意味しています。例えば「タコ焼き 東京都」というキーワードで検索された時に、検索サイトで何番目に表示されるかによって、アクセス数が全然違ってくるものです。ホームページの広告収入にも大きく影響してくるので、SEO対策はしっかりと考えておかなければなりません。実際にSEO対策を施す時の大切な考え方の1つに、そのサイトだけで疑問点や問題点を解決できるかどうかというポイントがあります。検索する人は、最初に見たサイトに欲しい情報が無い場合、他のサイトもチェックします。この場合、最初に見られたサイトは疑問点に対して、適確に答えられていない可能性があります。検索されるキーワードに対してピンポイントで答えられているかどうかも、SEO対策の重要なポイントです。

レスポンシブデザインとは、一つのソースコードをパソコンやスマホ、タブレットなど複数のデバイスで閲覧できるようにしたものです。CSSのメディアクエリによって実現することができます。