疲れたと思ったらやってみて!ストレスチェックの意義と方法について

Posted on

ストレスチェックはどうして必要なのか

ストレスとは大まかに言うと精神的疲労のことを示し、仕事や人間関係などが原因で蓄積されることが多くなっています。特に日本人は働き過ぎる傾向にあるので疲労が蓄積しやすく、過剰なストレスによる体調の不調が出てくることは珍しくありません。そのため、自分でも気付いていないストレスを発見するための対策方法として、ストレスチェック制度が企業などを中心に義務化されるようになりました。一般的なストレスチェックでは日常で感じたことや起こった出来事などを振り返るようになっており、生活習慣の乱れや自分がどの程度ストレスを感じているのかが分かるようになっています。精神的疲労による体調不良を未然に防ぎ、規則正しい生活を送ることができるようにするという目的でストレスチェックは必要とされています。

ストレスチェックを行う方法と、タイミングについて

ストレスチェックは勤めている職場や学校などで行われますが、近年ではインターネット上でチェックすることも出来るようになっています。主に医療系のサイトで受けることができ、心理学の内容に基づいた項目で検査が行われるのでセルフケア効果が高いというメリットがあります。個人で行うので緊張することが無く、ありのままの回答ができるので自分の状態が分かりやすいのも利点です。チェックを行うタイミングとして、生活習慣が乱れていると感じる時や、疲労がなかなか解消されない時などが良いでしょう。検査の結果はあくまでも目安なので、結果が悪かったら必ずしもストレスが蓄積しているとは言えません。しかし、体調不良が長期間続く場合や悪い結果ばかりが出る場合は疲労の蓄積が考えられるので、早めに休んだり病院へ行ったりするのが良いでしょう。

会社で人間関係に悩んでいるのならストレスチェックシステムを利用する方が賢明です。精神疾患を防ぐのは大事です。