仮想通貨はどのような物でどんなメリットやデメリットがあるのか

Posted on

仮想通貨はどんな物で何に使えるのか

仮想通貨とはインターネット上で物やサービスの対価として使える通貨です。物やサービスの対価として使えるのは現金と同じですが、現金のように紙幣や貨幣として形がある訳ではありません。仮想通貨を保有する時は専用の口座を開設してその口座で仮想通貨を管理する事になります。仮想通貨専用の口座からは仮想通貨の送金などもできます。
他に現金と違うのは中央銀行のような公的機関が発行や管理をしている訳ではありません。仮想通貨は専門の取引所を介して様々な通貨と交換ができます。
仮想通貨の数は全世界で数百種類あって比較的レートが高いものから低いものまで様々です。仮想通貨は現金とのレートが変動していくので、資産を増やす為の投資対象としても人気があります。

仮想通貨のメリットとデメリット

仮想通貨のメリットはまず全世界で使われるので、国境を越えても両替をする必要がないので手数料を負担する事もなくなります。送金をする場合も国際送金よりも手数料が安くて、送金が完了するまでの時間が短く済みます。
また現金だけで資産を持たずに仮想通貨を持っておく事で資産を分散できて自国通貨のハイパーインフレにも対応できます。
仮想通貨は常にレートが変動しているので、価値が急に暴落するような事もあります。投機的な側面はメリットにもなり得ますが、デメリットにもなります。
仮想通貨は現金のように国が通貨として承認したものではありません。そのため国が管理する事もなければ仮想通貨に何か起きた場合に国が補償してくれる事もありません。

仮想通貨とは、国家の発行する貨幣とは別の、独自の価値で作られた通貨のことです。国境を越えて世界で共通の通貨を持つことも可能です。