紙の本と比較した場合の電子書籍の利点とは

Posted on

電子書籍とはそもそもどのようなものか?

電子書籍が少しずつ存在感を増していますが、「そもそも電子書籍とはなんだ?」と疑問に思っている人も少なくないでしょう。簡単に言うと、画像データなどのデジタルデータ形式になっていて、スマートフォンやタブレット、あるいはPCで読める書籍を電子書籍と呼びます。では、電子書籍にはどのような利点があるのでしょうか。まず挙げられるのは、まったくかさばらないことです。紙の本を1000冊、部屋に置くということになったらかなりの場所を占めることになりますし、二階などに置いたら質量で床が抜ける可能性もありますが、電子書籍はデジタルデータなので何冊でも余裕で所有できます。また、紙の本のように劣化しないので、虫干しのようなメンテナンスが必要ありません。

いつでも購入できて売り切れがない

インターネットを通じて購入できるので、わざわざ書店に行く必要がなく、どんなベストセラーでも決して売り切れないというのも大きな利点でしょう。たとえば、電車の中で暇なので本でも読みたくなったというときに、スマホで電子書籍を販売しているショップにアクセスして購入すれば、その場ですぐ読むことができます。では、値段の面でメリットはあるでしょうか。一般的に、紙の本と比べるとやや割安なことが多いです。しかし、極端に安いというわけではありません。ただ、電子書籍を販売しているショップではキャンペーンを行うことが多く、クーポンが発券されたり、特定のジャンルの書籍に限り、数十パーセントオフになったりするので、そういったものを利用すればかなり安く買えます。

電子書籍は何冊もの本を持たなくて良いので、非常に合理的です。紙の本に比べて費用も安く済むところが魅力です。