素敵なホームページを作るには?ウェブ制作の基本3言語

Posted on

ホームページの骨組みHTML

ホームページを作るには、まずHTMLを勉強する必要があります。もちろん専用ソフトで簡単に作る事もできますが、自分好みに細部まで仕上げたいのでしたらやはりHTMLを学んだ方が自由にカスタマイズができますし、バグにもすぐに対応ができます。

それではHTMLとは何かと言うと、ホームページを作る骨組みです。専用のタグによって「ホームページ」と言う一枚の白紙のページを用意し、そこに更に専用のタグでテキストや画像を挿入していくのです。そこまでこだわらないホームページや画像がメインの場合は、このHTMLさえ押さえておけば大丈夫です。

ホームページを装飾するCSS

それではもう少しホームページのデザインにこだわりたい場合はどうするかと言うと、CSSと言う言語を使います。これはホームページの文字を装飾したり、それぞれの要素をどこに配置するかを設定できます。また背景の画像を指定する事もできるので、これをマスターする事で大きくホームページの印象が変わります。更にCSSの便利な所は同じ命令を複数のHTMLページに反映させたい場合、たった一つのファイルにまとめる事ができる所です。段々慣れてくると、ほとんどの命令はCSSで管理した方が良いと思えてくるようになるでしょう。

ホームページの感性を際立たせるJavaScript

JavaScriptとは、簡単に言うとホームページの要素に動きを付ける事ができるようになる言語です。画面に雪を降らせたり画像をドラッグできるようになったりと、インタラクティブな要素を持たせる事ができます。ホームページ作りに必須の技術ではありませんが、これによってオリジナリティ溢れる演出をする事ができます。

コーディングとは、コンピューターがプログラミング言語を用いて処理可能な形式のプログラムを記述することを言います。

コーディングの外注を調査
大規模サイトで見つける